レンガ造りのピザ釜…あこがれです

田舎暮らしの醍醐味は手作りの家という方もいるのではないでしょうか。
先日はレンガ造りのピザ釜で焼いたピザのお披露目パーティーとのことで、
知人宅に招かれていきました。
いや~、庭に備え付けられた釜は立派で、
自家製のピザはそれはそれは美味しかったです。うらやまし~!
いろんな種類のピザをいただいたのですが、野菜やハーブは庭でとれるし、
調味料も極力手作りにこだわっているそうで、
これは田舎暮らしだからできるというのでもないですよね。

水の問題はどうにも…住まいる水道にお助けを

自給自足だからといってなんでもかんでも、
全部自分で解決出来るかというとそんな事は、当然なくて。
逆に自給自足をすればするだけ断てない物が見えてくるのものなんですね。
生まれてから自給自足で暮らしていた方なら別ですが、
一度文明社会で暮らしてからとなると、どれが当たり前なのかという判断がつかなくなります。
先日、水道はさすがに引いているのですが、
水がでなくなって近くの住まいる水道さんに頼んで修理してもらいました。
水道も文明の一つなんだよなぁ。と実感。
これからどれだけ自給自足を突き詰められるのかな。

着物買取を依頼した分で何を買おう

近頃アンティークの着物ショップが増えていますね。
ネットショップも増えてきて、いいことだと思います。
昔では考えられないですが、ネットでの着物買取をしてくれる業者もあるんですよ。
スローライフでは着る物を大切にすることも基本。
着なくなったものはリサイクルすることも多いです。
今回は着なくなった着物をリサイクルすることにしました。
買い取ってもらったお金で、壊れた農具を新調しようと思います。

台所の排水つまりには無縁でいたい

友人が住む長野のとある地域は井戸水で生活しているそうです。
ただし、飲料用は水道水を使用しており、
畑仕事や家畜の世話、お風呂や洗顔などは井戸水だそう。
やはり今は土壌汚染なども問題になっており、飲むのは止めておいたほうがよさそうですね。
いくらスローライフと言っても上下水は完備されているところでないと生活は大変になりそう。
台所の排水つまりは日本のどの地域でも縁のあることなので、
全国に水道修理業者さんがいるのですね。

スローライフと大宮の矯正歯科

田舎暮らしで自給自足のスローライフを送っている友人ですが、
さすがに歯医者は都会に出てこないといけないようです。
大宮の矯正歯科に通っているようですが、
車でのちょっとした旅になるので、私に声がかかります。
んで、遊びにいくことになるんです。
まあ、虫歯の治療じゃないからいけるんでしょうけど、たまの都会遊びにお付きしております。
大宮が都会かどうかを友人に言わせると「大都会」だそうです。
駅前が開けてますし、都内に出なくてもなんでも揃いますものね~

ホワイトボードに畑のスケジュールを貼りだし…

軽い気持ちで応募した懸賞で、なんとホワイトボードが当たってしまいました。
会議室などにある、車のついた本格的なものです。
農作業の道具を保管している倉庫に置いたのですが、なかなか重宝します。
農作物の写真を貼ったり、畑のスケジュールを書きだしたり。
忘れ物の無いようにメモをしておいたり。伝言版に使用したり…。
自分で買うことはないものですが、あれば便利だなと思うことが多いです。
しかし、ホワイトボードのプレゼントって珍しいですよね。

ダンススタジオをレンタルしてすることは…

今日はスローライフをおくる友人からの投稿を許可を得て掲載します。

買い物や同窓会など、田舎から都会へ出かけることは多いけど、逆に来てもらうことって
ほとんどないな~。収穫の時期に「畑仕事を体験しない?」と友人を呼び寄せて、
手伝ってもらうことくらいかなー。こっちに用事は少ないですからね。
ところで最近この田舎でも、公民館を改造してダンススタジオレンタルをはじめたんです。
ここを利用して田舎暮らしワークショップを始めようと考えています。
ご興味ある方はぜひ!

交通事故の際の弁護士費用特約を学ぶべし

交通事故の時の弁護士費用特約って知ってます?
自動車保険に入っていても、自分に一切非がない場合、弁護士を雇う事ができないのです。
というのも大抵の保険の場合、加害者へ対しての保険であり、自分向けでないのです。
そこで出てくるのが「弁護士費用特約」。
これがあれば、一切非がない事故でも弁護士さんにお願いできるのです。
相手の方や、相手の保険会社が酷くても泣き寝入りしないで済みます。勉強になりますね。
何故、こんな話題になったかと言いますと、遂に我が家も軽トラを導入し、
その際の保険選びで「へぇ」と。皆さんも是非。

給湯器は自給自足に入る?

自給自足でも、依存せねばならないことも多々あります。
あんまり使用していなかった気でいた、我が家の給湯器ですが、
壊れてから意外に使ってたんだなと感じました。
お茶を飲むのも、給湯器からのお湯を沸かしたりしてました。
そんな風に考えると、まだまだ、自給自足は語れないのかなとも、
今更ながら自給自足の境界線が分からなくなってきた私です。
給湯器は、どうだろう?確かに薪のお風呂も良いけど、毎日となるとうちは大変だろうなぁ。
給湯器に依存しない為には、まず釜風呂からか?!

品川の交通事故で遅れてしまった~

友人が千葉県でスローライフを楽しんでいるらしく、
休みのたびに遊びに来いとうるさいので一度行って来ようということになりました。
近くに住む友人3人でクルマに乗りこみ、バーベキュー用の肉を土産に行ってきましたよ。
が、しかし、品川で交通事故発生。
まだ買い物しかしていないのに、大渋滞に巻き込まれてしまって、結局昼ごはんは車で…、
バーベキューは夕方からになりました。
友人の作った夏野菜はどれも非常に美味しかった。
いいな~田舎暮らし…。

水道修理もいつかは一人で!

どんな事でもそうですが、スローライフをおくる上でも様々な知識は必要になってきます。
まず、自給自足に必要な知識は当然必要な訳でして、何かを修理なんて事もそれらに入ってきます。
我が家は、井戸でなく水道を引いているのですが、
この前、我が家の水道に水道修理が必要になってしまいました。
私は知識とそれを修理する道具に乏しかったので、知り合いに手伝って頂き何とか回復。
「これも、いつかは頑張って一人で直せる技術を身につけないとな」と思った私なのです。

イベントディスプレイをおいて、神殿風の家に。

田舎で暮らしをしていると、進んでそうしていなくても質素な感じなりますよね。
何かをプラスする生活というより、現状でなんとかするがが前提ですものね。
先日久しぶりにデパートに行ったのですが、何かのイベントらしくディスプレイオブジェクトに
ギリシャみたいな柱があったのですが、この柱を畑に置いてみたら、どうだろうかと。
簡単に置けてあっと言う間に、質素感は消える!
…ですが、これ田舎の良い雰囲気も一気に消えますね…。

水が確保できないのなら、水道のつまりは致命的!

全てを自給自足って実は、かなり大変なんです。
電気は最悪なくても大丈夫だったりしますが、水はそうもいきません。
井戸があったり、綺麗な水が確保できる場所に住む他は流石に水道にたよる他ありません。
先日水道がつまりをおこして、水の重要性に改めて気付かされました。
まず、料理ができない、洗濯ができない。掃除も水拭きができない。
野菜に水をあげることもできないで、出来ない事づくし!人間も60%は水ですもの。
最新の便利な物はなくても、まず水!人間の基本ですよぉ!

アルコール依存症のリハビリで評判の井之頭病院にお世話になって

とある芸能関係者の家族のお話しで、井之頭病院で評判のアルコール依存症のリハビリを行い、
すっかり回復したので、家族と共に田舎で半農暮らしをしているという話を聞いたことがあります。
そんなに簡単に治るものではないのでしょうが、家族みんながしっかり向き合うことで、
再度陥ることのないような体制が出来ていくんでしょうね。
誰しも、出来ればそんな状況になりたくないでしょうが、人生何が起こるかわかりません。
頭の片隅にこの話題を覚えておいてくださると幸いです。

薪ストーブと輸入住宅の快適スローライフ

田舎は土地が安いです、そこで憧れの輸入住宅を建てて隠居する人が増えているようです。
キャンプ、薪ストーブ、バーベキュー…男子がワクワクするような素敵な空間ですね。
また、薪ストーブといえば輸入住宅でしょう。
先日、輸入住宅の展示場に行ってきたのですが、やはり都会ではなく、
田舎に建てたいものだと思いました。景観が合うかどうかはさておき(笑)。
フォレストライフ、スローライフといいますが、食べていかねばならぬので、
いろいろ仕込んでからの隠居が希望です。

田舎暮らしとシルバーアクセサリー

うーん。スローライフにシルバーアクセサリーじゃらじゃらは似合わないな~と思いつつ、
やっぱ、好きな人は好きだから、田舎にもいますよ、コレクターが(笑)。
でも、長靴に麦わら帽子にジーンズ、ここまでは良いね。
黒いTシャツ、んでシルバーアクセ…、じゃまだし熱いでしょ?
この天気で黒いTシャツって勇気あるねっていったら「気分の問題!」って言ってました。
ま、いつも鼻歌でご機嫌だから、人気者だし、いいんでしょうね、これで(^^)

陥没乳首の治療のため実家へ

友人の彼女の実家は東京で、娘の方が田舎暮らしのため、
逆に両親を招くことが多いそうです。
その友人カップルもついに入籍することになったようで、
結婚のためにいろいろな準備をはじめたらしい。
そのひとつが彼女の陥没乳首の治療とのこと、中々表に出しにくいことを
勇気をもって公開する理由は、陥没乳首の状態で出産すると、
授乳時に乳腺炎が起こりやすいからとのこと。
実家に帰って手術とのことだが、実際は日帰り治療なので、
実家でその日は泊って、遊んで帰ってくるんですって。

ウェディングドレスはレンタルでもブーケは?

念願の田舎の一軒家を手に入れた友人たちが、その家で人前結婚式を挙げることに。
自分たちで家に手を加え、素晴らしく住み心地がよさそうだ。
ウェディングドレスはレンタルにするようで、ブーケは我々が手作りで
プレゼントすることになったんですよ。
ちょっとしたアイデアがあって、もちろんお花も使うんですけど、
自分たちで育てたハーブや、かわいい野菜もブーケにしちゃおうと考えてます。
絶対喜んでくれると思うし、良いアイデアだと思いませんか?

マスキングテープで自分の印をつける

最近、週末農業に挑戦している若者が増えてますね。
先日は実家の近くの農家の収穫の手伝いがあったので、
道具一式を持っていきました。
その時に数人の若者がネットの募集をみて、バイトに来てたんですよね。
彼らと話をしていると、将来的に田舎でネットの仕事をしながら
自給自足の生活をおくるのが夢らしいです。
なかなか農作業ルックもおしゃれに見えるのは気のせいじゃないようです。
おっ、と思ったのが、それぞれのイニシャルと野菜のマークが
印刷されたマスキングテープで農具や長靴に印をつけてたんですよ。
考えましたね。

田舎暮らしとセゾンの過払い金請求

私は数年間に脱サラし、今では田舎暮らし、自給自足、
スローライフなどと言われる暮らしを送っている。
数年前は金銭的にも余裕がなく、セゾンでお金を借りて生活していたほどだ。
そんな暮らしを変えたくて、セゾンへ過払い金請求をし、
サラリーマンも辞めて今はのんびりと暮らせている。
あの時の決断は間違っていないと日々実感しています。
残りの借金も数年で返せそうなので、
本当にセゾンへ過払い金請求をして良かったなと感じております。

田舎暮らし、自給自足、スローライフと格安航空券で大阪

私は数年前に会社員を辞め、現在長野の田舎で田舎暮らし、
自給自足、スローライフと以前と全く違う生活を送っている。
生活で不便なことはありません。買い物はネットでできるし、趣味である吉本劇場の観覧も、
今では格安航空券で大阪に月1で行けちゃいます。
便利な暮らしから田舎暮らしになったが、便利な生活手段を使えば、
ここまで不自由なく暮らせるのだと友人に自慢しています!
都会は便利なようで、意外と余計な情報や物に溢れていて煩雑だと感じています。

田舎暮らしの自給自足でスローライフを送るようになるとトイレの水漏れ問題なし!

私は今年から、念願だった田舎暮らしを始めました。
会社を辞め、大学の時のノウハウを活かして、完全に自給自足の生活をスタートさせた。
社会人の頃よりも、スローライフな日々が送れて、今の所デメリットは何もありません。
先日は住んでいる家のトイレが水漏れして、家の中が水浸しになってしまいましたが、
田舎暮らしを続けてきたせいか、慌てることなく対処できるようになりました。
もう都会暮らしは出来ません!